タイ

【タイ】エアアジアでタイへ、深夜便の罠に注意

 

 

どうも、みゆみゆです。

今回紹介するのは、タイ旅行1日目の成田空港からタイのドンムアン空港までの移動について🐘

出発地は成田空港。数えるくらいしか訪れたことがなくて出発空港として利用するのは今回が初めてでした!

今回は東京駅から運行しているリムジンバス(片道¥1000)で成田空港へ向かうことにしました。

 

  • 確実に座ることが出来る
  • 大きい荷物を預けることが出来る
  • 成田空港まで直行

 

以上の3点を踏まえて、電車よりもバスの方が圧倒的に楽でした。

所要時間も一時間ほどであっという間に到着。

 

エアアジアのチェックインから搭乗まで

エアアジアは第2ターミナルの南側にカウンターがあるので第2ターミナル17番のりばで下車すると便利です。

 

ターミナル内に入るとすぐにエアアジアのNカウンターを発見。他のカウンターと違って、一度ターミナル外に出るような作りです。

カウンターにの側へ行くと列を整理するスタッフさんに声を掛けられました。

 

webチェックインはお済ませでしょうか?

 

webチェックインについて

搭乗日の14日前からweb上でチェックイン出来るサービスのことです。

名前やパスポート情報をネット上で入力するだけなのでとても簡単です。

 

私たちは事前にwebチェックインを済ませておいたので専用のレーンに並ぶことが出来ました。

webチェックインをしているかどうかで待ち時間が変わる

 

「webチェックインしている/していない」で2つのレーンに分けられます。結構待ち時間の差があったので、出発前の時間ロスを避けるためにwebチェックインは済ませておくことをおすすめします!

 

今回は私と相方、それぞれスーツケースを1つずつ受託手荷物として預けました。

 

今日の搭乗口は98番、出発の40分前には搭乗口に集合とのこと。

ターミナル内で1番遠い搭乗口なので税関から15〜20分はかかるそうです…。

そんなに時間かかるものなのか?と思いましたが、19:15に税関を通過しそこから免税店を物色、夕飯を食べていたらあっという間に20:15でした!(汗)

日本料理が恋しくなるだろうから和食を食べようと言っていたのに、時間が迫っていたのでファストフードの吉野家で最後の晩餐でした(笑)

 

エアアジア機内

 

機内へ入ると、エアアジアのHPでお見かけしたようなタイ人のCAさんが合掌してお迎え。

顔が濃いから真っ赤な制服が似合っていらっしゃいました。

 

機内食について

1時間くらいすると機内食の案内放送が。

皆頼むものだと思っていたけど、普通に考えてこのフライト時間の機内食は夜食…。

 

  

メニューを見ると、パッタイは飲み物付きで¥600だったので事前予約した方がやはり幾分か安かったみたいです。

 

 

機内ではクレジット支払い、現金支払い(日本円、ドル、バーツ)可能です。ただし、おつりはバーツでのお返し。

 

   

さっき牛丼定食を食べたばかりでしたが良い匂いにつられてパッタイを完食。

恐らく、この機内食ではじめましてのパッタイでしたがとっても美味しかったです!

 

機内食を頂きながら気付いたのは周囲のお客さんが機内食以外のもの(持ち込んだ飲食物)を普通に食べたり飲んだりしていること。

LCCで多いことですがエアアジアも機内への飲食物の持ち込みを禁止しています。

CAさんは見て見ぬ振り、というよりも機内食以外のゴミも積極的に回収していたので驚きました!持ち込んだ側が申し訳なくなりそうですね(笑)

 

いよいよドンムアン空港着陸

一睡もせず、機体は着陸態勢へ。出発地である成田空港は雨が降っていましたがバンコクは天候が良く、風も吹いていなかったので機体は揺れることなく着陸しました。

 

ついに到着しました、タイ!私にとって2つ目の国です🐘

 

 

急ぎすぎている、ピクトさんが可愛い。

到着出口から入国審査まで遠くなかったのでお手洗いに入ることに…(後々、入ったことを少し後悔する)

 

予約していたドライバーとすれ違う

お手洗いを済ませた時点でAM1:30。事前に頼んでいた空港とホテル間の送迎ドライバーは到着から最長で1時間、待ってくれるとのことでした。

少し早めの到着だったし余裕だろう…と思い入国審査の列へと並びます。

周囲に日本人が居ないことにわくわくしながら列が進むのを待つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待つ……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

進まない!!!!!

全く列が進まない!!!!!

 

列を外れて先頭を確認すると入国審査員が3人しかいないではありませんか(笑)どんどん到着便が来るというのに、人を増やそうとしない…。いや、深夜は出勤人数が少ないのでしょうか…。

しょうがないので待つ私達、その間にもドライバーとのタイムリミットである1時間は過ぎ、並びながらも自分たちでホテルまでの交通手段を考える。やはりタクシーしか無いっぽい……怖い…。

 

日中ならドライバーの会社に連絡出来て何とか出来たのかもしれない…。これが深夜便の罠か………と気付く私達。ここで事前予約で支払いをしていた送迎代片道¥3000くらいがパァになりました。

ドライバーもドライバーで深夜の入国審査は時間を要することくらい把握しておいてほしいですね〜。

 

深夜の治安が悪いロビーで途方にくれる私達

結局、入国審査を終えたのはAM2:45。深夜だからなのか分かりませんがドンムアン空港の到着ロビーが廃れすぎていて驚きました。写真の真ん中の警備員さんは座ってお休み中。あとは清掃のおばちゃんが清掃ワゴンの横でカップラーメンをすすっていたり(笑)

そして、何よりタクシー運転手の勧誘がすごい…。目が合うと手招きされたり「Hey!」「Taxi?」と声を掛けられます。勝手に旅程表を覗き込んでホテルの場所を確認してきたり…。

どうしてもメーター性のタクシーに乗るのはぼったくられそうで怖かったので、事前支払いの定額リムジンタクシーカウンターでホテル送迎をお願いしました。

 

私達のホテルはバンコク市内で1番短い距離圏内の750THBエリア。割り勘して1人¥1000くらいでした。

あとから調べてみると普通のタクシーで向かった場合、きちんとしたメーター加算で500THB(?)くらいとのこと。プラス、空港使用料(50THB)と高速道路代みたいです。

 

大きめで快適な車体ということ、社内にミネラルウォーターが完備されていること、少し高級なタクシーに乗車したと思えばまぁ妥当かな、と。

 

ホテルまでは高速を利用して40〜50分くらいでした。後半は市内に近づくにつれて渋滞が起きていました(深夜だというのに)

AM4:00ようやくホテルへ到着、長い1日だったなぁ。

次回はホテル周辺散策(マッサージ、買い物etc)についてご紹介します。

 

それでは、また次の記事で。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です