東京

【BOOK AND BED】本が好きなあの人とのデートに

 

どうも、みゆみゆです。

ひとつめの記事では書き切ることが出来なかったBOOK AND BEDについて、今回もまとめていきますよ〜!(BOOK AND BED愛が止まらない)

 

「泊まれる本屋」というくらいだから宿泊者しか利用出来ないんだよね?
インスタで人気のブラックドリンクの正体って?

以上のような方々の参考になればと思います。

 

デイタイム利用

利用可能時間

浅草店、新宿店、池袋店、3店舗全てデイタイムの利用が可能です。宿泊しなくても1時間単位で利用することが可能です。デートは勿論のこと、ちょっとした空き時間に利用するのにも最適ですね。各店舗によって利用可能時間や料金の違いがあるのでお気をつけ下さい。

ソファプラン ベッドプラン
浅草店 13:00-20:00 13:00-15:30
新宿店 13:00-20:00 13:00-15:30
池袋店 13:00-17:00 13:00-15:30

 

ベット利用の最終受付は14:30となっています!

 

料金形態

ソファプラン

3店舗共通:1時間¥540(税込)、フリータイム¥1620(税込)

ベッドプラン

浅草店、池袋店:1時間¥740(税込)

新宿店:1時間¥840(税込)

 

飲食について

宿泊利用では飲食の持ち込みが可能ですが、デイタイムは飲食持ち込み不可となっているので注意です!各店舗のカフェをご利用下さい。マフィンやスナック菓子の他、新宿店ではトーストやドーナツ、アサイーボウルのご用意があります。

 

写真映えするブラックドリンク

ブラックストロベリーラテ

BOOK AND BED 浅草店

毒々しい見た目からは想像がつかないのですが、飲んでみるとびっくり。驚きの正体は優しい味のストロベリーラテです。

ブラックレモネード

BOOK ADN BED 浅草店

浅草店限定のブラックレモネードは夏日にぴったり。ブラックドリンクを片手に浅草散策はいかが?

 

ブラックコーヒーゼリー

BOOK AND BED 新宿店

新宿店限定のブラックコーヒーゼリー。見た目だけかと思いきや、史上最高に美味しいコーヒーゼリーでした。氷の上にかかっている黒い粉はココアでなければゴマでもなく、竹炭です。ゴクゴク飲めちゃいます。

 

まとめ

BOOK AND BEDは泊まるだけでなく、ちょっとした空き時間に本を読んでゆっくり出来る空間なのでデートにもおすすめの場所です!WI-FIは勿論のこと、電源スペースもあるので作業場としても最適ですよ。リピーターの私も滞在中は読書:パソコン作業=3:7で利用しています。(本を読め)

施設は勿論のこと、何よりフレンドリーなスタッフさんが多いのもBOOK AND BEDの特徴。どのスタッフさんも気さくに話しかけてくれるのでまたリピートしたくなる理由の1つです。

都会の人混みにちょっと疲れたとき、BOOK AND BEDに立ち寄ってくつろいでみてはいかがでしょうか。

 

それでは、また次の記事で。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です