趣味

【朗報】クレジットカード不正利用の原因を突き止めた!

 

どうも、みゆです。

タイトルにもある通り、以前の記事の続編。

なんと、クレジットカードの情報を抜き取られた要因を突き止めました!

よく渡航する、海外旅行をするという方々は気になるのではないのでしょうか……?

果たしてその正体とは………

詐欺メールです。笑

……海外旅行関係ないというネ。

始まりは一通のメールから…

f:id:miyu2_com:20180328170309j:plain

クレジットカードを不正利用される一週間前のことです。

iPhoneに一通のメールが届きます。

「ご利用のApple IDがブラウザ上のApple Storeへのサインインに使用されました」

!?!?

誰かが不正ログインしたってこと!?

実際のメールがコチラ。

 

f:id:miyu2_com:20180328170846j:plain

 

タイトルだけ見てパニックになった私、もとい詐欺メールの餌食になった私はすぐに記載されていた「Apple IDを確認する」リンクを押してしまいます。

でもこれ、よ〜く見ると後ろの文章がおかしいのです…。

「システムがいくつかの不成功の試みを検出しました。」

「ログイン時に異なるパスワードが入力されたのでログイン出来ませんでした。貴方は本当にこのIDの持ち主ですか?」の意かと。

「に行く(Apple ID)すぐにあなたの情報を確認してください」

→とにかく自分たちのリンク先に飛んで欲しかったのでしょう。Goが直訳され「に行く」が頭に来てしまっています。(当時はそんなことにも目が付かない程、焦っていたのです。笑って下さい。)

 

 

クリックした先は…

f:id:miyu2_com:20180328183113j:plain

 

このようなページに飛びます。

公式のAppleに似せたHPのつくり…。

「本人確認したらApple IDのロックを解除します」とのことだったのでログインをし、名前や電話番号、Apple支払いとして登録をしていたクレジットカード番号等も入力をしました(自らクレジットカードの情報を詐欺サイトへ提供した訳です☆)。

なんて愚かなのでしょう。

冷静にメールを読めば、こんなガバガバな日本語訳なんて…。

(パスワード下の「私を覚えていますか?」って何だよ、死ね)

ちなみに、今になって気づいたのですが左右上にあるアイコンは飾りです。

本来であればサイドバー等が出て来ますよね(怒)

 

原因発覚のきっかけ

クレジットカードの不正利用判明でカード停止、そして新しいクレジットカードが届いて2週間程。

バタバタが落ち着いて不正利用のことも忘れかけていた矢先、このメールが届いたのです(通算2回目)。

たまたま、不正利用とハワイが同時期だった為「ハワイでカードをスキミングされたんだ…」と思い込んでいました。

こんなメールが届いたことなんて、すっかり忘れていたのです。

ハワイの皆さん、疑って申し訳ありませんでした…m(-_-)m

皆さんも、詐欺メールにはお気をつけ下さい…。

まぁ、こんな簡単に引っかかるのは私くらいだと思いますが(怒)

 

それでは、また次の記事で。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です