東京

まるで秘密基地、BOOK AND BED

 

どうも、みゆみゆです。

今回は「泊まれる本屋」として有名なホステル、BOOK AND BEDに行って参りました!

以前母親が利用しており、かなり気に入ったようで浅草店→新宿店→池袋店の連泊に誘われた、という経緯です。

 

ホステルって何?ホテルと何が違うの?
今度初めて行くんだけど、持って行くと良いものはある?

 

こういう方々の参考になれば、と思います。

 

ホステル「BOOK AND BED」

 

BOOK AND BED 浅草店

 

 BOOK AND BED IS 「泊まれる本屋」

ふかふかなマットレスも無ければ
低反発の枕も無ければ
軽く暖かな羽毛の布団も無い
最高な環境での良い寝心地は
ここにはありません
あるのは
読書をしてたら(マンガでも良いですよ)
いつの間にか夜中2時になってて
もうあとちょっとだけって
まぶたが重くてたまんない中も読み続けてたら
いつの間にか寝てしまった
そんな誰もが一度は経験した事があるであろう
最高に幸せな寝る瞬間の体験です

だからコンセプトは泊まれる本屋®︎
(あ本は売らないです言うなればってやつです)
映画を観てたら寝ちゃったとか
友達とLINEしてたら寝ちゃったとか
とにかく好きなことをしてたらうっかり寝ちゃったって
最高の寝る瞬間の体験じゃないですか?
そんな寝る瞬間に至福の体験を用意してくれるホステルを
本をテーマに自分たちで作る事にしました

– BOOK AND BED 公式サイトより –

 

写真は浅草店の一角です。本棚の中にベッドが組み込まれています。なんて素敵な空間なんでしょう…!映画の舞台のようですね…。

浅草店ではダブルベッドに泊まったのですが、まるで秘密基地。コンセプトとしては「本を読んでいたらいつの間にか眠っていた…」ですが、私の場合は「ブログ用の写真を撮影したり、記事の構成を考えていたら眠っていた…」です(笑)

 

ホテルとホステルの違い

BOOK AND BEDはホステルの括りになります。「ホテルは1人1部屋」というのに対して「ホステルは1人1ベッド」と考えるのが分かりやすいかもしれません。ゲストハウスのように空間をシェアする感じですね。

バスルームやお手洗いも共用スペースとなりますが、ホテルよりも宿泊費を抑えることが可能です。プライベートな空間が少ないですが、言い換えるとゲスト同士の交流の機会が多く与えられます。(かく言う私は、まだ1人でゲストハウスやホステルを利用したことがないので経験はありませんが…笑)

1つの部屋として区切られている訳ではないので、貴重品はキーボックスにきちんと預けるようにしましょう!BOOK AND BEDでは各ベッドに1つずつキーボックスの設置があります。

 

施設について

ベッドの種類

BOOK AND BED 浅草店

基本的に1人1ベッド利用します。池袋店はシングルベッドのみ。浅草店と新宿店には2人で泊まれるダブルベッドがあります。

一番新しい新宿店に関しては初の2人用個室が誕生しました!カーテンでの仕切りなので完全個室ではないのですが、ガラス張りでシティービューを堪能できる空間となっています。

 

BOOK AND BED 新宿店

3畳くらいの部屋で、真ん中にダブルベッドがあります。窓を覗くと8階の高さから新宿を見下ろすことが出来ます。

 

BOOK AND BED 新宿店
みゆみゆ
みゆみゆ
天気が良かったのでGoProを使って撮影〜!

天井が高いので、浅草店のダブルベッドからこちらに泊まった感想としてはかなりの開放感でした。

 

シャワールーム

BOOK AND BED 浅草店

共用スペースとなっていますがトラブル防止のため男性用シャワールーム、女性用シャワールームと貼り紙で分けられてるところが多いです。浅草店、新宿店に関しては小さな浴槽付きのバスルームが完備されています。

それぞれの数に関しては以下を参照下さい。

シャワールーム バスルーム
浅草店 4 1
新宿店 3 1
池袋店 6 0

 

アメニティ

私が利用した際はチェックインの際にシャンプー、コンディショナー、ボディーソープが配布されました。もしかすると期間限定だったかもしれないので念のため持参することをおすすめします。シャワールーム付近洗面所にはドライヤーがあるのみです。それ以外の物は持参する必要があります!

ドライヤー利用可能時間は7:00〜24:00まで!

 

騒音を配慮し、ドライヤーが常置される時間が決まっています。それを忘れてしまうと髪を濡らしたまま眠ることになるので注意して下さい。

みゆみゆ
みゆみゆ
前回宿泊した母親が経験済みです。

 

必須だな〜と思った物

・歯磨きセット

・就寝用の服

・タオル

→備え付けがないので、顔や身体を拭くために必要です。バスタオルだとかさばってしまうのでフェイスタオルを数枚持って行くのが無難だと思います。フロントでは有料バスタオル(¥162)が借りられるので、持参タオルを乾かしたり…などの手間を考えるとレンタルするのもアリですね。

・サンダル

→各ベッドに布製スリッパ(共用)があるのですが、シャワー後に利用すること、そして衛生面を考えると自分で用意した方が快適だと思いました。

 

朝食付きプラン

BOOK AND BED 浅草店

今回は浅草店で朝食のプランを予約しました。サンドウィッチと飲み物のセットです。サンドウィッチは真っ黒なベーグルのサンド。ハム&マッシュルームorイチゴクリームの2種類から選ぶことが出来ます。

食後は鏡で歯のチェックを忘れずに!

 

予約方法

BOOK AND BED 池袋店

BOOK AND BEDの公式HPから各店舗ごとに予約することが可能です。

BOOK AND BED 公式

 

私はいつもBooking.comで予約をしています。日によって割引セールが開催されていたり、キャンセル料無料な場合が多いので重宝しています。お得な割引を調べるのであれば、Booking.comからどうぞ!

Booking.com

 

まとめ

BOOK AND BED 新宿店

初めてのBOOK AND BED、そしてホステルという形で施設に宿泊するというのも初めてでした。利用する前は周囲が気になってゆっくり出来なそう…というイメージがありましたが全くでした。この価格でこんな素敵な空間に宿泊できるなんて…!

施設に夢中で肝心の「本を読めていない」ので今度は時間を忘れてしまうくらいに本を読みに行きたいと思います(^o^)

今回の記事では施設の利用方法や宿泊するにあたっての注意点をまとめたので、次回はデイタイムの利用方法や各店舗の限定のブラックドリンク(!?)などについてご紹介したいと思います。

 

それでは、また次の記事で。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です